エコロジカルキャンドルカンパニー


 

ビジネススクールから出てきて、私は自分自身にこの人生で何をしたいのかという質問をしました。 何 インパクト 私は持っていると地球上でこの人生の意味をしたいと思います。 はい、私は少し遠くに行くかもしれませんが、私たちが作る選択のそれぞれには意味があると思うので、私の最初の選択は私の価値観と一致するプロ

私はいつもしてきました 蝋燭について熱情的しかし、大きな問題:私が消費したものは次のとおりでした 非常に化学. に基づく パラフィンオイルからそして有害な原料より多くを含んでいるある芳香と得られて、私はより健康な代わりを求めて私の自身の蝋燭を作成することを選んだ。

これは、 再利用 そして、 再雇用 いつも私の両親が出身である伝統でした。 食糧収納箱にそれらを変形させるのに氷皿を使用して:私達とこれは基礎である。 そのためにもほとんどないことを容器さらに、キャンドル作りに協力する. 経済的な代替であることに加えて、それはまたリサイクルサイクルを短縮することを可能にする。

各Karithéの蝋燭はとなされます 愛と忍耐 19区の私のスタジオで。 シアキャンドルのすべての容器はすでに人生を持っていました。 私は使用することを選んだ かつて命を持っていたガラス それのリサイクルサイクルを短縮するために。 また、ガラスは唯一の100%リサイクル可能な材料の一つであり、その寿命はほぼ無限です。

材料に関して私は自然なしかしまた経済的である材料を選びました:大豆のワックスの蝋燭は持続します 4から5倍長く 同じ大きさのパラフィンキャンドルよりも。 グラースの香水である香水はまた決定要素である:蝋燭の香水の臭いをかぐことができるあなたの部屋。

の認識 特に私たち一人ひとりと企業の影響 を選んだのを私のキャンドルを数量限定で、シリーズ機種もあります。

キャンドルのそれぞれには、パーソナライズされた アフリカの引用 誰が彼または彼女の現在の状況についてそれを受け取った人に知らせ、彼または彼女がそれから一歩を踏み出すのを助けることができるでしょう。

私たちが今日消費する製品のそれぞれには、 非常に強力なパワー :パワーのこと この地球全体の消費の未来に影響を与える そして、彼女を尊重し、彼女自身のペースで生きることができるようにする。

の自分のキャンドルだぬくもりと安心,
ジェイナ